美容外科を利用して美しくなるさまざまな方法

MENU

美容外科やサロンで脱毛するメリットやデメリット

美容外科やサロンで脱毛をおこなうのを迷われている方にとっては、
やはり費用がかかる点が大きなデメリットとなっています。

 

また、施術の為には美容外科やサロンに予約して施術を受ける為に通う必要があります。

 

さらに、それぞれの方の毛量や毛質によって
施術効果や必要となる施術回数にも違いがあると言われています。

 

その為、料金が当初よりも多く必要になる方や
施術方法によっては脱毛効果をあまり感じられない方もおられます。

 

プロによる脱毛でも、肌トラブルが決しておこらないとはいいきれない点も知っておきましょう。

 

しかし、自己処理から解放されてプロによるしっかりとした脱毛ができ、
自己処理では手入れしにくいV・I・Oゾーンや背中などを
丁寧に脱毛できる事は魅力となります。

 

また、肌トラブルがおこりやすい顔などのデリケートな部分も、
専門的な知識を持ったプロに施術をおこなってもらえるので
安心してまかせる事ができます。

 

プロによる脱毛にも施術方法にさまざまな違いがありますので、
しっかりと知っておきましょう。

 

美容外科とサロンの脱毛の大きな違いは、使用する機械の出力の違いになります。
医療レーザーで使用する機械は、
出力が高い為医療機関の有資格者しか取扱ができません。

 

光脱毛の機会は出力が弱いので、誰でも施術が可能となっています。

 

医療レーザー脱毛は、
毛をはやす細胞を壊し死滅さす事ができますので永久脱毛となります。
しかし、光脱毛は毛をはやす細胞にダメージを与え弱らせるだけですので
永久脱毛にはなりません。

 

 

プチ整形ってどんな種類があるの?

プチ整形と言う言葉を聞かれた事がある方は、多いでしょう。
しかし、実際にどんな内容なのかはご存知ない方も多いでしょう。

 

韓国などでは、日本よりもさかんに整形手術が利用されています。
日本にもさまざまなプチ整形と呼ばれる整形手術がありますので、
気になる方は挑戦してみましょう。
 
プチ整形とは、メスを使用せず注射器や糸を用いて、
患部を膨らませたり固定する手術の事を言います。

 

プチ整形の代表が、医療用の糸を使用してまぶたを数カ所とめて二重を作る
埋没法という手術になります。

 

また、シワやほうれい線にヒアルロン酸やコラーゲン、ボトックスなどを注射する手術も
プチ整形と言われています。

 

ヒアルロン酸は細胞を支え細胞の動きを助ける働きがあり、
コラーゲンは皮膚の中にある真皮層を支えハリを与えてくれます。
ボトックスは、筋肉に収縮をおこさせハリを作ります。

 

プチ整形は、コンプレックスが痛みも少なく数分で改善されるので人気が高いです。
手術時間は、数分から最長でも30分程度が多くなっています。

 

美容外科の世界では、ダウンタイムという専門用語が存在します。
ダウンタイムとは、施術を受けてから腫れなどが回復するまでの期間の事を言います。

 

プチ整形はダウンタイムも短く、腫れがあまりない場合が多いのも人気です。
術後の制限も少ない場合が多く、普段と変わらないような生活を送れます。
例えば、化粧やシャワーなどです。

 

整形手術は高額な印象がありますが、
プチ整形の場合は一か所の施術で約数万円で済む場合が多いので
比較的利用しやすいと言えるでしょう。
しかも、効果をすぐ感じられる施術が多いので、現在も人気が高いです。

更新履歴