女性の薄毛治療や原因について

MENU

女性の薄毛治療や原因について

美容外科などの医療機関では、さまざまな薄毛治療が受けられます。
 

 

最近では、男性だけでなく女性で薄毛治療を受ける方が増加しています。

 

女性の抜け毛症状に多いのが、
髪が細くなり分け目や髪の毛全体のボリュームが減るびまん性脱毛症です。

 

女性の薄毛の原因として考えられるのは、
加齢やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどです。

 

閉経後の女性は、男性型脱毛と呼ばれる症状が出る場合もあります。
閉経後にはホルモンバランスが変化し、
男性ホルモンが優位になる為抜け毛を引き起こしやすくなると言われています。

 

最近では、女性ホルモンの分泌が低下し
閉経前の30代の女性の側頭部が薄くなる事もあるようです。
また、生理不順や過度なダイエットで無月経になる事も原因とされています。
髪を強く引っぱると脱毛する場合や出産後に脱毛する場合などもあります。

 

美容外科などの医療機関では、
一般的に薄毛の原因をまず詳しく検査してから治療を進めていきます。

 

美容外科などの医療機関で、現在主におこなわれている薄毛治療は
HARG(ハーグ)療法や内服薬、育毛剤による治療です。

 

HARG(ハーグ)療法とは、頭皮に毛髪が再生するHARGカクテルと言う有効成分を
注射でうち増毛を促す治療になります。
最先端の毛髪の再生治療になりますので、認定医療機関でのみ受けられます。

 

内服薬による治療は、半年から1年ほどの長期服用が必要で、
女性の薄毛特有の症状を改善していきます。

 

育毛剤による治療は、発毛成分が配合された塗るタイプの育毛剤で
育毛に必要な栄養を細胞に届け毛をはやす細胞を活性化させます。
1、2カ月で効果が表れる方もおられます。